キーワードから検索

沿革

合成樹脂による防食・防水を手がけ2020年には創業60周年へ。

合成樹脂による防食・防水を手がけ2020年には創業60周年へ。

創業時 本社

当社は、1960年(昭和35年)の創業以来、「信・望・愛」を基本理念として掲げ、信頼関係を重視した事業活動に取り組んできました。

2020年に迎える創業60周年に向けて、私たちは足元をより強固にしながら、さらに社会に貢献し、必要とされる企業を目指していきます。

昭和35年11月 

創業者、関口功四郎により合成樹脂等による防食・防水の施工加工を目的として、資本金50万円にてシオン・樹脂工業㈱を創立。

昭和40年 5月業務の充実を目指し、社屋及び工場を現、札幌市白石区菊水元町1条1丁目に移転。
昭和44年 2月東北関係の要請に応え仙台出張所を開設、営業を開始。
昭和49年 2月北広島工場操業開始。
昭和50年 5月資本金3,000万円に増資。
昭和60年 5月市場及び業務の拡大に伴い、東京営業所を開設。
昭和63年 6月社会問題になった石綿(アスベスト)汚染に対応し、石綿(アスベスト)除去及び封じ込め工事に着手。
平成 2年11月シオン・樹脂工業㈱創立30周年記念式典を京王プラザホテル札幌にて開催。
平成 4年 6月シオン・樹脂工業株式会社から株式会社シオンに社名変更。
平成 4年 6月関口ひろみ 代表取締役社長に就任。
平成 8年 8月創業者 関口功四郎、死去。
平成 9年 7月本社、新社屋完成。
平成 9年12月資本金3,000万円から3,600万円へ増資。
平成22年11月株式会社シオン創立50周年記念式典を札幌プリンスホテルにて開催。
平成23年 6月菅井 潔 代表取締役社長に就任。
平成23年 9月トンネル用断熱防水板及びその取付構法 特許取得(JR北海道共同)
平成27年11月創立55周年を迎える。